高級賃貸バイブルとは業者専用レベルの超高機能サイトです ★全部屋毎日更新 ★初期費用自動計算 ★お得なキャッシュバック ★完全自社開発AIスコアシステムでプロ並みのお部屋探しを実現

解約を出すタイミング:無駄な空家賃を減らそう

  • 2024年3月30日
  • 2view

現在のお住まいの解約時期を決める際には、新たに申し込みを済ませた物件の状況と、ご自身のライフスタイルや事情を考慮する必要があります。本稿では、賃貸物件の選定後に最適な解約タイミングを見極め、不要な空室期間による余計な賃貸料の発生を避けるための指針を提供します。

賃貸物件の状況

賃貸市場においては、主に以下の二つの状態で物件が募集されています。

  1. 直ちに入居可能な空室状態
  2. 入居者が存在し、退去予定で募集されている状態

なぜこの二つの状況が存在するのかについては、別途詳細をご説明します。

①申し込んだ物件が【1.直ちに入居可能な空室状態】の場合

物件が清掃完了後に直ちに入居可能な状態である場合、通常、申し込みから2〜3週間後には契約が始まり、賃料の支払いが開始されます。大半の物件オーナーは、早期に家賃収入を得たいと考えています。

この場合、以下の二つの解約タイミングが考えられます。

すると入居審査が通ってから現住居の解約を出すパターンと、申し込みして1番手が取れたら解約を出すパターンがあります。

  • 入居審査完了後に解約を出す

最も保守的なアプローチで、新旧の家賃の重複が生じやすいですが、リスクを最小限に抑えたい方に適しています。

  • 申し込み後に速やかに解約を出す

家賃の重複を減らすことができますが、審査に落ちた場合に次の物件を探すリスクが生じます。

②申し込んだ物件が【2.入居者が存在し、退去予定で募集されている状態】の場合

入居中の物件には退去日が設定されていることが多く、先に入居審査だけが進みます。退去後内見してお部屋が思い通りで契約に進める場合、内装業者がお部屋の状態をチェック工事完了日を出します。
そして工事完了日以降で契約開始日(入居できる日、家賃が発生する日)を決めて契約をします。
ここでも2パターンの解約の出し方があります。

  • 内覧前に解約を出す

申し込んだ物件の条件がかなり良く、見ないでも契約できる状態であり、かつ家賃の重複を可能な限り抑えたい場合空き予定の物件で内見前に解約を出す方法がありますが、入居日が確定してないので入居が遅れるリスクもあります。

  • 内見してすぐ解約を出す

お部屋を見て解約を出すので、思った部屋と違っていたというリスクは回避できますが、入居可能日が未確定の状態で解約を出すので入居が遅れるリスクもあります。

  • 内見後入居可能日が確定したら解約を出す

堅実な方法で、新居の入居可能日が確定した段階で解約を出します。高級賃貸バイブルのスタッフとしては一番おすすめしている方法です。多少賃料の被りはありますが空き予定で押さえたことで競争率の高い物件を押さえ、かつ家賃の被りを少なくすることができました。賃貸物件探しは成功と言えるでしょう。

我々「高級賃貸バイブル」スタッフは、入居審査のプロセスに豊富な経験を持ち、ご不明な点について随時サポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

本記事が、お住まい探しの際に、賢明な判断を下すための参考になれば幸いです。


高級賃貸バイブルオフィス
都心の上質なレジデンスは高級賃貸バイブルにお任せ下さい。

高級賃貸バイブルでは、都心の高級賃貸マンションに精通した経験豊富なスタッフが皆様のお部屋探しの担当をさせて頂きます。気になるお部屋がございましたら是非お問い合わせ下さい。

上質なお部屋探しは高級賃貸バイブルにお任せください

上質なお部屋探しは高級賃貸バイブルにお任せください

数ある物件の中からお客様にぴったりのお部屋を提案させて頂きます。高級賃貸バイブルにお任せください。

CTR IMG